18. Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』は、1976年12月25日に公開された日本映画。男はつらいよシリーズの18作目。マドンナは、ご近所のお嬢様の綾(京マチ子)。

 ・ amazon : 18. Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

 ・ amazon prime : 18. Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

 ・ youtube : 18. Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

 ・ Hulu : 18. Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

Tora’s Pure Love (1976) / 男はつらいよ 寅次郎純情詩集のあらすじ

旅先からふらりと帰ってきた寅次郎は、さくらの一人息子である満男の小学校の担任教師、雅子先生(檀ふみ)と知り合う。だが家庭訪問のはずなのに雅子を相手に勝手にでしゃばる寅次郎に対して博は激怒し、皆が同調したため寅次郎はとらやを飛び出ていく。そして寅次郎は旅先の長野県上田市別所温泉でかつて知り合った旅芸人一座と再会し大いに盛り上がるも、金が無いのに見えを張って気前よく振る舞ったため再びとらやの面々に迷惑をかけ、さすがのさくらも呆れ果てるのだった。

だがとらやに戻った寅次郎は、店先で雅子先生と、長い病院生活を終えて退院した彼女の母親・綾(京マチ子)と出会う。綾は寅次郎やさくらの幼少時代を知っており再会を大いに喜ぶ。そして周囲の心配通り寅次郎は綾にゾッコンになってしまうのであった。かくして綾の家に通い詰める寅次郎を、とらやの面々や御前様が心配する日々が続くが、「自分の手で一銭も稼いだことがない」というどこか世間知らずな綾は、寅次郎の奔放さに惹かれていく。だがある日、さくらは雅子から母は余命僅かであると知らされ愕然とする。

関連記事

  1. 19. Tora-san Meets His Lordship (1977) / 男はつらいよ 寅次郎と殿様

  2. 06. Tora-san’s Shattered Romance (1971) / 男はつらいよ 純情篇

  3. 08. Tora-san’s Love Call (1971) / 男はつらいよ 寅次郎恋歌

  4. 04. Tora-san’s Grand Scheme (1970) / 新・男はつらいよ

  5. 40. Tora-san’s Salad-Day Memorial (1988) / 男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

  6. 32. Tora-san Goes Religious? (1983) / 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。