30. Tora-san, the Expert (1982) / 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(おとこはつらいよ はなもあらしもとらじろう)は、1982年12月28日に公開された日本映画。男はつらいよシリーズの30作目。マドンナは、田中裕子。

 ・ amazon : 30. Tora-san, the Expert (1982) / 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

 ・ Youtube : 30. Tora-san, the Expert (1982) / 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

 ・ Hulu : 30. Tora-san, the Expert (1982) / 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

30. Tora-san, the Expert (1982) / 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎のあらすじ

夢のシーンで、ブルックリンが荒れているという話で沢田研二が踊る。倍賞千恵子が「お兄ちゃんに比べればイモよ」というと寅次郎が出てくる(ダンスは倍賞の所属していたSKD松竹歌劇団が出演)。柴又に帰ってきた寅次郎だが、身持ちの悪い幼馴染の桃枝との少し破廉恥な挨拶に始まり、夕食時に松茸の奪い合いをしたことで、おいちゃんに「出て行け」と言われ、「それをいっちゃおしめえよ」と言ってすぐに家を飛び出す。

大分の湯平温泉(ゆのひら)にやってきた寅次郎は、母親がかつて湯平温泉で働いていて、今は動物園で飼育係をしているという三郎(沢田研二)が母親の遺骨を東京からはるばる思い出の地まで運んで埋葬しようという話を聞いて、法事を営む手伝いをする。そこで二人は、東京の大丸デパートに勤める螢子(けいこ=田中裕子)とゆかり(児島美ゆき)とも出会う。

寅次郎と螢子とゆかりは、法事のお礼にと三郎の運転する車で観光を楽しむことに。温泉地で螢子にちょっかいを出しては楽しんでいる寅次郎を恨めしそうに見つめる三郎。というのは、三郎も螢子に惚れているのだが、その朴訥な性格ゆえ自分の気持ちを口にすることができないのだ。大分での別れ際、三郎は螢子に「僕とつきおうてくれませんか」と言ったが、螢子は「急にそんなこと言われても」と言うだけだった。チンパンジーの気持ちは理解できても微妙な女心はサッパリという三郎に、哀れみを感じる寅次郎。

一緒に行動してと頼まれる形で、三郎の運転する車で大分から柴又へ帰った寅次郎。博は、三郎・寅次郎双方を指して、「変っている人は自分で気づかない」という。一方、螢子も大分での写真を持って柴又へ。寅次郎は、本心では螢子が三郎ではなく自分に惚れていることを望んでいるのだが、三郎の気持ちに応える形で、恋のキューピッド役に徹する。おばちゃんのいう「だまし討ちのお見合い」をきっかけに螢子と三郎は再会し、二人はデートを重ねるが、螢子はチンパンジーの話しかしない三郎に悩む。しかし、寅次郎一家の助言や三郎の必死の告白が生き、三郎の勤める動物園に併設された観覧車の中で、ついに三郎と螢子は結ばれる。

恋愛コーチに成功した寅次郎だったが、二人の結婚を直接祝福をすることはつらく、また旅に出てしまうのであった。

関連記事

  1. 01. It’s Tough Being a Man (1969) / 男はつらいよ

  2. 25. Tora’s Tropical Fever (1980) / 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花

  3. 23. Tora-san, the Matchmaker (1979) / 男はつらいよ 翔んでる寅次郎

  4. 38. Tora-san Goes North (1987) / 男はつらいよ 知床慕情

  5. 45. Tora-san Makes Excuses (1992) / 男はつらいよ 寅次郎の青春

  6. 06. Tora-san’s Shattered Romance (1971) / 男はつらいよ 純情篇

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。