39. Tora-san Plays Daddy (1987) / 男はつらいよ 寅次郎物語

『男はつらいよ 寅次郎物語』(おとこはつらいよ とらじろうものがたり)は、1987年12月26日に公開された日本映画。男はつらいよシリーズの39作目。マドンナは、秋吉久美子。

 ・ amazon : 39. Tora-san Plays Daddy (1987) / 男はつらいよ 寅次郎物語

 ・ Youtube : 39. Tora-san Plays Daddy (1987) / 男はつらいよ 寅次郎物語

 ・ Hulu : 39. Tora-san Plays Daddy (1987) / 男はつらいよ 寅次郎物語

39. Tora-san Plays Daddy (1987) / 男はつらいよ 寅次郎物語のあらすじ

「とらや」を秀吉(伊藤祐一郎)という男の子が訪ねて来た。テキヤ仲間「般若の政」とふで(五月みどり)の子どもだった。政は女・酒・賭博に溺れ、ふでに蒸発され、秀吉を遺して急死。「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言で、郡山から柴又へやって来たのだ。「とらや」の皆はびっくりするが、間もなく寅が帰り、「ふでが捨てた」というのを強く擁護する。二人の母親捜しの旅が始まった。天王寺では誘拐犯と間違えられて派出所に連行されたりしたが、ふでが新和歌浦のホテルで働いていることをつきとめた。しかし、訪ねると既に吉野に移ったという。元気のない秀吉を励まし、吉野へ行くがそこにもいなかった。その晩、秀吉は旅の疲れから高熱を出し、旅館で寝込んでしまう。たまたま隣室にいた高井隆子(秋吉久美子)の手厚い看護で少年はたちまち回復する。その日、3人は仲睦まじく近くの観光名所などをめぐった。旅館の主人の勘違いもあって2人はこの数日、「とうさん」「かあさん」と呼び合っていたのだ。隆子は化粧品のセールスマンとして働いていたが、美貌のわりには幸福とはいえない女だった。隆子と別れ、寅と秀吉の旅は続く。吉野からふでが働いているという伊勢・志摩で連絡船を降り、目当ての真珠店へ行くと、病気のため海岸の病院で療養中とのことだった。久しぶりに対面する母と子を見て、寅はホッとするのだった。寅は引きとめられたが、秀吉が自分に未練を感じてはいけないと連絡船の乗り場へと急ぐ。更に、心を鬼にして「一緒に柴又へ帰りたい」という秀吉を叱る。

柴又駅に寅を見送りながら、満男が「人間は何のために生きてんのかな」と問うと寅は「生まれてきてよかったなって思うこと、何べんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃねえのかな」と答え、「そのうちお前にもそういう時が来るよ」と言って別れる。

正月に隆子が「とらや」を訪ねてきた。ふでからの「秀吉と2人で幸せに暮らしています」との賀状を読みながら「とうさんどこかな?」というので「かあさん」と呼び合っていたのはあなたなのねとさくら。二見が浦で露店を開き、仲間と雑談している寅の前をふでと秀吉と連絡船の船長が仲睦まじく歩いているのを「俺たちのような人間が声をかけると迷惑なんだ」と隠れて一人ごちる。「船長が秀のてておやか。いいだろう。あいつならいいだろう」と。

関連記事

  1. 37. Tora-san’s Bluebird Fantasy (1986) / 男はつらいよ 幸福の青い鳥

  2. 31. Tora-san’s Song of Love (1983) / 男はつらいよ 旅と女と寅次郎

  3. 42. Tora-san, My Uncle (1989) / 男はつらいよ ぼくの伯父さん

  4. 16. Tora-san, the Intellectual (1975) / 男はつらいよ 葛飾立志篇

  5. 09. Tora-san’s Dear Old Home (1972) / 男はつらいよ 柴又慕情

  6. 33. Marriage Counselor Tora-san (1984) / 男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。